人気ブログランキング |

c0045966_01020402.jpg

古代人の心性から思えば たぶん
ほうきは魔法のような力を持っている と
感じたことでしょう。

素手ではほとんど何もできないけれど
ほうきは 塵をかき集め きれいにすることが出来る。
素朴な感覚は きっと驚きをもって その力を眺めたのでしょう。

西洋で 空飛ぶ道具になった気持ちが ちょっとわかるような気がする。

電気仕掛けの仕組みが 効率的な動作となった現代では
ルンバだとかダイソンだとかに関心が向いて
埃が立つ手ぼうきなどに 驚きはなくなっているかもしれないけど。

落ち葉をかき集める熊手。ほうきと同じ仲間。
これは神社の境内で商われるほど
神がかりになっている。

以前は ホームセンターで売られている 安物のほうきを使っていましたが
松本のほうからやってきた ほうき屋さんのを 今 使っています。
上の画像のほうきは 勤め先ので、もちろん大活躍で。

木工は ほこりと貧乏神がついてまわる と言われているそうですが
ほうきはよく使います。
ほうき屋さんも 木工屋はいいお得意先 と言ってました。

それでうちにも来たのでしょうけど
初めて来たときは そのほうき屋さん
いつ廃業してしまうかしら というような感じでしたが
最近は人気を盛り返し、息子さんが会社辞め 仕事を継ぎ
海外までも売り出しに行ったらしい。

外国産のほうき草は ブキブキして 掃いてもイラッとした引っ掛かりがあるけど、
松本のほうからやって来る親父さんのほうきは
使っていて気持ち良い。

ただ あまり掃除に熱心ではないうちでは
ほうきの穂もそれほど傷まないので
一年に一度ほど来られても・・・

c0045966_23531907.jpg




by kinokoji | 2018-12-21 23:41 | 道具 | Comments(0)