山の日に

c0045966_23474160.jpg
中学、高校と山に興味を持ち始めて
山の中にある学校へ行きたいと思ったのですが、
実際 アルプスの麓で暮らすようになってから
その頂に登りつめることは あまりありませんでした。
興味を失った というわけではありませんでした。
非日常的印象への憧れから 日常的な風景として 気持ちが変わったのかもしれません。

海には綿津見。山は?
大山津見。愛媛今治の大山祇神社が総本社。
山の穂高関係の阿曇氏は綿津見の子。海の子だ。

日本アルプスの山々は 年々数ミリ隆起している。
学生だった時に買った国土地理院の5万分の1地図と 今の山の標高が違っている。
年4mmとしても40年もたてば16cm高くなっているわけで
年配になればそれだけ高く登らなければならない、ということ?

山登りは 朝が早い。場合によっては 日が昇る前から歩き始める。
そういう意味では 年寄りに向いている。
朝寝坊のグウタラな私にはあまり向いていないのだろう。
体力を失わないようにすれば これから山歩きができるようになるかもしれません。 


 


by kinokoji | 2018-08-12 00:44 | 地理学 | Comments(0)