カテゴリ:食品栄養学( 35 )
食品栄養学

鰭酒

12月のお題 「ホットドリンクス」夕食はおでん、と決まっていましたが買い物ついでに寄った 魚売り場にちいさな鯛。夫婦二人では 魚も切り身を少し買うだけなので鰭も骨さえもないけれどこのちいさい鯛一...

2017年 12月 10日

食品栄養学

燗映え

12月のお題 「ホットドリンクス」インスタ映え とは最近の造語だが 『燗映え』はもうちょっと前からある言葉でしょうか。燗をすると 飲む直前で鼻につんとくる のが苦手だったのでもっぱら 冷やでちび...

2017年 12月 10日

食品栄養学

コタツを出したが・・・

11月のお題 - 「炉開」 朝 外の温度計が氷点下になって コタツを かみさんが出してきたが コンセントを入れる前に 片付けようか と思案している。 寒さをしのぐには ス...

2017年 11月 19日

食品栄養学

銀杏 ー種子散布の進化論的考察

動かない植物も 種子の段階で 勢力範囲を広げる。そのときの 植物それぞれに 戦略があり風や水の力を利用したり、昆虫や鳥、動物たちによって 種を遠くに運んでもらう。泥棒草みたいに くっついていく場...

2017年 11月 12日

食品栄養学

きのこ狩りーチャナメツムタケ

春の山菜取りと並んで、秋のキノコ狩りはこの辺りでは 都会のスポーツ同様 盛んです。落ちているものを 拾い食いしなけりゃいけないほど 困った生活をしているわけではない。松茸は もちろん憧れのキノコ...

2017年 11月 05日

食品栄養学

蕎麦の季節

10月のお題 - 「秋気」 今年は ヤマブドウの出来が 今一つだったような感じ。 ヨーロッパのビンテージは 私には何の影響もないけれど 裏山の出来の違いは やはり関心がある。 ...

2017年 10月 29日

食品栄養学

山栗のラップ巾着

今年 栗の枝をだいぶ整理したから実は少ない と考えていたのですがもう一本ある栗の木からかみさんが バケツに拾ってきた。先日作った栗巾着は日本酒が効きすぎたけれど栽培されている栗に近い大きさの実。...

2017年 10月 01日

食品栄養学

野分

9月のお題 - 秋の雨台風の語源は中国語由来らしいが季語にもある「野分」は情景的で詩的。天気予報が言うような大荒れな天気ではなかったような。台風が通過したのは夜中だし最近 だいぶ耳もいかれ気味だ...

2017年 09月 18日

食品栄養学

茗荷ともの忘れ

今年は 花が咲いてしまう前に茗荷のやぶをかきわけて 少し つまみだす。夏の味覚。『茗荷を食べると もの忘れする』と よく言われているけれど 実は この味覚に気が付いた時 もの忘れが多くなってきた...

2017年 08月 02日

食品栄養学

木の芽ジュノベーゼ

ぼうぼうになっている山椒。これもすこし枝整理しないと と思っていたのですが木の芽味噌というものに やっと気が付いて今晩は 久しぶりのパスタに これを。ただ味噌ではなく オリーブオイルで。この辺り...

2017年 06月 05日